ミニマリスト

【ミニマリスト】1LDKにゴミ箱は3つ!床に直接置かずにそうじがしやすい環境を

ゴミ箱。なくてはならないものですが、入れるものはゴミ。

場所をとるし、ゴミをひとつにまとめるという手間もあります。

今回は、1LDKに3つゴミ箱をどのように設置しているかを紹介します。

ゴミ箱は3つ!床に直置きせずにそうじがしやすい環境に

1LDKの我が家には3つのゴミ箱を設置しています。

  1. キッチンに大きめゴミ箱
  2. 洗面所用ゴミ箱
  3. リビング用ゴミ箱

①キッチンに大きめゴミ箱

キッチンで出たゴミと最終的には家の中のすべてのゴミを集める一番大きいゴミ箱。

無印良品のポリプロピレンフタが選べるダストボックスです。使用する環境によって、蓋は横開けと縦開けを選べます。

燃えるゴミ以外は、キッチンの冷蔵庫の脇のマグネットフックに一時置きとして小さめのビニール袋を設置して分別します。

ただ、見栄えは良いとは言えないこととゴミを家に長く置いておきたくありません。

我が家のマンションはいつでもゴミ置き場に捨てられる環境にあるので、外出時に瓶・缶・ペットボトルなどは随時ゴミ置き場に持っていて、溜めないようにしています。

3つの中で1番大きいゴミ箱だからこそ、キッチンの脇を陣取っております。

そうじの時に移動させないと、意外と汚れが溜まります。

ただ、たくさんゴミが入っていると掃除機片手に持ち上げるもの大変。

そこで、このキャスター

これをゴミ箱の底にくっつけています。110円とは思えない、スムーズな動きで、付けてから一度も剥がれることもありません。

片手でスーっとスライドさせて、さっとそうじをして、スーっと元に戻します

ゴミ箱以外にもキャスターはつかえますね‼

②洗面所用ゴミ箱

洗濯機の側面に貼って剥がせるフックをとりつけて、小さめのフックに掛けられるゴミ箱を設置しています。

このゴミ箱は100均のもの。白のシンプルなもので、袋をかけているので汚れませんが、汚れがひどくなっても気軽に買い替えができるのもメリットかなと思っています。

以前は、袋が見えないタイプのゴミ箱を使用していました。

袋は見えないし、おしゃれなゴミ箱でしたが、そうじの時には持ち上げたり、ゴミを集める時には蓋カバーをはずしたりと手間が多かったです。

そこで、そのゴミ箱を洗面所下の収納の中に入れて、床に直置きせずに使用するように工夫してみました。

しかし、引越し後の今の家は洗面所下の収納の高さが低くて、ゴミ箱がぎりぎり入ってもゴミ箱にゴミを入れるのにゴミ箱を自分で引き出さないとポイできない。。。

ということで、外に出して、その代わりフックに掛けることで、床そうじはしやすく‼

朝の支度やメイク時、帰宅後につかったティッシュも、使い終わったコンタクトも洗面所に立ったままの姿勢でポイできて楽です。

また、このゴミ箱には、洗濯機の糸くずフィルターのゴミもすぐにポイ、洗面所やお風呂の排水ゴミもティッシュでさっと取ってポイ、掃除機を洗面所にかけているので、掃除機のゴミパックも交換したら、すぐにポイと入れることができます。

小さめのゴミ箱なので、そこまで量が入らないこと、排水ゴミなども入れるので、あまり溜め込まずに、フックからヒョイと持ち上げて、キッチンの蓋付きゴミ箱へ入れます

③リビング用ゴミ箱

リビングはキッチンの大きめゴミ箱1つに集約でいいかなと思っていたのですが、ソファでくつろいでいると、どうしても立ち上がることが面倒な時やテーブルにこぼれた細かいものをさっとゴミ箱に入れたいことがあります。。。

ただ、そうじのしやすさと蹴ったり引っかかってしてしまって、ゴミが散らばったりするストレスは嫌。

ということで、ソファの裏面に洗面所用ゴミ箱と同じものを設置しています。

ソファはリビングと寝室の境目に置いているので、ゴミ箱の存在感はそこまで目立ちません。

ソファに座ったまま、後ろに手を伸ばしてポイってできます(ズボラ。。。)

テーブルの上の食べカスとか細かいゴミを集めて捨てたい時は、フックにかけているゴミ箱なので、さっとゴミ箱だけフックからはずして、ゴミ箱ごと持っていってポイ。

ゴミ集約も手間なので、あまりゴミ箱は増やしたくないですが、リビングのこの小さいゴミ箱は私にとっては気軽に捨てられる位置にあって、とっても便利です。

動きたくない。でも、テーブルに置いたままにしたくない。

エアコンやサーキュレーターの風で飛んだりしたら、更にストレス。

手を伸ばしただけで捨てられるのは、快適です‼

まとめ

捨てるものを入れるゴミ箱。

しかし、配置や個数を自分の生活に合うように見直すことで、ゴミ集めやそうじが楽になります。

引っ掛けたり、キャスターをつけたりと一工夫することで、スッキリとストレスが軽減することもあるのではないでしょうか。

また、ゴミ収集日にゴミを出して、家の中にゴミを溜めないことが1番です。収集日に出す習慣と忘れない工夫も大事だと思います。