アニメ

【画像】ポケモンのサトシの顔の変化がヤバい!歴代デザイン比較

20年以上も続くアニメ“ポケットモンスター”。

その主人公である“サトシ”はその長い時間の中で、顔の変化がヤバいと話題になりました。

今回は“サトシの顔の変化”について紹介します。

【画像】ポケモンのサトシの顔の変化がヤバい!歴代デザイン比較

こちらが歴代のサトシの顔の変化となりますが、とある時期に作画が崩壊したと話題になりました。

サトシ 顔変化

それが2016年に放送された【ポケットモンスターサンアンドムーン】となります。

こちらのサトシの顔の劣化に関しては、ネット上で多くの声があがりました。

 

では、ここから歴代順に一気にサトシの顔画像の変化を確認していきましょう。

【顔画像】サトシの変化を一覧で紹介!

サトシの顔の変化

  • ポケットモンスター(無印):1997年
  • ポケットモンスターAG(アドバンスジェネレーション):2002年
  • ポケットモンスターDP(ダイヤモンド・パール):2006年
  • ポケットモンスターBW(ベストウィッシュ):2010年
  • ポケットモンスターXY:2013年
  • ポケットモンスターSM(サン&ムーン):2016年
  • ポケットモンスター(新無印):2019年

それぞれのサトシの顔画像を確認していきましょう。

ポケットモンスター(無印):1997年

初代の『ポケットモンスター 赤・緑』を元にした第1作目「ポケットモンスター」は1997年からの放送開始となりました。

  • 20年以上も前という事で、懐かしいといった印象もあります。
  • サトシは10歳という設定で、それなりの幼さを感じられる顔になっています。

ポケットモンスターAG(アドバンスジェネレーション):2002年

2002年から放送された、ポケットモンスターAG(アドバンスジェネレーション)は前作の続編という設定になっています。

そのためか、あまり変わってはいませんが、若干ですが垢ぬけたように感じます。

  • 大きな変化はなし
  • 肌の色がすこし明るく感じられます。

ポケットモンスターDP(ダイヤモンド・パール):2006年

ポケットモンスターDP(ダイヤモンド・パール)は2006年からの放送です。

冒険に慣れてきたような雰囲気になり、男らしく感じられる風貌に感じられます。

  • 大きな変化はなし。
  • 男らしく感じられるような印象。

ポケットモンスターBW(ベストウィッシュ):2010年

ポケットモンスターBW(ベストウィッシュ)は2010年からの放送になりました。

目に光が入り、キラキラ系のイケメンに変化しています。

  • 目がキラキラするようになりました。
  • 明るく、ハツラツとした青年になった印象。

ポケットモンスターXY:2013年

ポケットモンスターXYは、2013年からの放送になりました。

大きな変化は見られませんが、さらにイケメンになったような印象もあります。

  • 前作との大きな変化はなし。
  • 顔のバランスが微妙にかわり、よりイケメンな印象。

ポケットモンスターSM(サン&ムーン):2016年

ポケットモンスターSM(サン&ムーン)は2016年からの放送となりました。

ここで、視聴者が戸惑うほどの変化となりました。

  • 帽子や服が違うと別人クラスの変化となりました。
  • 頬の線が“ナマズのひげ”と表現される。

ポケットモンスター(新無印):2019年

ポケットモンスター(新無印)は、2019年から放送されています。

前作の大きな変化と、それ以前の顔を合わせたような顔になりました。

初期作から見ているファンにとっては別人ともとれる変化です。

  • 前作の大きな変化を受け継いでいます。
  • 歴代のサトシがミックスされた印象。

ポケットモンスターのサトシの顔の変化の理由

アニメ“ポケットモンスター”の主人公サトシが、最初にに比べて顔がかなり変わりました。

その変化についての理由として考えられるのは以下の2つとなります。

アニポケ“サトシ”の顔の変化の理由

  • キャラクターデザイナーの変更
  • アニメ“ポケットモンスター”の設定の変更

それぞれ確認していきましょう。

キャラクターデザイナーの変更

サトシの顔の変化については、シリーズ毎にキャラクターデザイナーの変更があります。

ポケットモンスターのキャラクターデザイナーはこちら。

アニポケのキャラクターデザイナーの変更
ポケットモンスター(無印):1997年一石 小百合 (いちいし さゆり)
ポケットモンスターAG:2002年一石 小百合 (いちいし さゆり)
ポケットモンスターDP:2006年山田 俊也 (やまだ としや)
ポケットモンスターBW:2010年山田 俊也 (やまだ としや)
ポケットモンスターXY:2013年広岡 トシヒト (ひろおか としひと)
ポケットモンスターSM:2016年中野悟史 (なかの さとし)
安田周平 (やすだ しゅうへい)
ポケットモンスター(新無印):2019年安田周平 (やすだ しゅうへい)

ポケットモンスターXYからデザイナーが変わり、ポケットモンスターSMではデザイナーが2人と変化しています。

そのあたりから、サトシの顔の変化が大きくなっています。

キャラクターデザイナーの変更が顔の変化に大きく関わっているようです。

アニメ“ポケットモンスター”の設定の変更

この他にも、アニメポケットモンスターの設定が変更されていて、その変更が顔の変化に大きく影響しているのではないかと思われます。

ポケットモンスターXYまでは、各地方を旅してジム戦を重ね、ポケモンリーグを目指すことがメインでした。

しかしポケットモンスターSMでは、シリーズ放送開始以来初めて、サトシが学校に通うという学園設定になりました。

そのため、表情を豊かに見せるために、サトシの顔のデザインを大きく変更したのではないでしょうか。

まとめ

今回は“サトシの顔の変化”について紹介しました。

シリーズが変わるたびに、わずかな変化をしてきていたのですが、ここまで変わると驚いてしまいますね。

アニポケのキャラクターデザインにも注目しつつ、ポケモンの今後の展開に期待したいと思います。

https://lechat.jp/pokemon-temochi/